〒010-0974 秋田県秋田市八橋運動公園1番5号
秋田県スポーツ科学センター内
TEL.018-893-6832 FAX.018-893-6834
E-mail skiakita@ninus.ocn.ne.jp
就業日:時間  月~金曜日 9:00~17:00 



スノーボード部会からの連絡

What's new!

2018年3月31日-4月1日開催 秋田県スキー連盟スノーボード部主催 第3回スノーボード レーシングキャンプのご案内(2017.12.8)
開催要項(PDF) 申込書(PDF) ポスター(PDF)
2018年2月24日-25日開催 秋田県スキー連盟スノーボード部主催 第2回スノーボード レーシングキャンプのご案内(2018.1.15)
開催要項(PDF) 申込書(PDF) ポスター(PDF)
2018年1月6日-7日開催 秋田県スキー連盟スノーボード部主催 第1回スノーボード レーシングキャンプのご案内(2017.12.8)
開催要項(PDF) 申込書(PDF) ポスター(PDF)
2018年3月24日開催 SAJワクワクチャレンジスノーボード教室開催のご案内(2017.12.8)
※後日掲載いたします


【 2018年1月6、7日開催 強化練習・合宿・遠征事業報告書 】
第1回スノーボードレーシングCAMP
実施期間 平成30年1月6日(土)-7日(日)
実施会場 秋田県 たざわ湖スキー場

(内容)

■ゲートトレーニングの実施により、個々のオフトレーニングの成果の確認と基礎となる滑走能力を指導することにより、今シーズンの目標を立てる。
■バーン状況、ゲート位置を把握し、対応できる滑走能力を身につける。

指導コーチ : 6日 髙橋 邦彦 / 山本 耕志 / スタッフ4
          7日 髙橋 邦彦 / スタッフ6

参加者 :6日 21名 / 7日 23

(事業の成果及び今後の課題)

11月末からの例年にない大雪により早い時期からベストコンディションに恵まれた、たざわ湖スキー場様の御協力によりゲートトレーニングができるバーンを提供していただき、とても良いコンディションで2日間行う事が出来ましたことを大変感謝いたします。

活動2年目ですが、今季は3月ジュネス栗駒スキー場での全日本ジュニア選手権大会・全日本選手権大会及びFIS公認大会が決まっております。
また、たざわ湖スキー場でもFIS・SAJ公認大会が決定されており、秋田県のレベル強化には最高の環境だと思っております。

今年は平昌オリンピックイヤーでもありますので、選手達のメンタルやモチベーションアップを図りながら第2回・第3回とトレーニングしていきたいと思います。


記 載 者

秋田県スキー連盟 スノーボード部 部長 髙橋 邦彦






【 2017年6月18日開催 強化練習 ・合宿・遠征事業 フィジカル&バランストレーニング報告書 】

(内容)

■オフトレーニングとして基礎となるバランス能力と、室内においてのターン時のポジションニングや瞬発力・持久力等を指導する。

 指導コーチ : 1日 髙橋 邦彦 / スタッフ5

 参加者 : 1日 8名


(事業の成果及び今後の課題)

雪上トレーニング終了から1か月半経ちましたが、今回はオフトレーニングとして、ラダーやバランス器具によるトレーニングと、軽めのフィジカルトレーニングをしました。

まずは、ラダートレーニングによるフットワークの練習から入り、20mダッシュとシャトルランを行い、瞬発力と持久力のトレーニングをハードにならない程度でのトレーニングをしました。
また、バランス器具を使用しての体幹トレーニングやスノーボードをセッティングしてのポジショニングの再確認や、ターン時のフォームチェック等をあらためて確認しました。

今後はオフシーズンの重要性の再認識と、雪上から離れての気分転換になるスポーツや上半身全体から股関節・膝・足首までの可動域を上げる為のスクワットトレーニングの大切さなど、コミュニケーションスキルをお互いに高めながら進めていきたいと思います。
参加選手達には来年度の受験生も多くいますので、心身ともにリラックスできるよう指導していきたいと思います。


記 載 者

秋田県スキー連盟 スノーボード部 部長 髙橋 邦彦












【 2017年5月5日開催 強化練習 ・合宿・遠征事業報告書 】

(内容)

■フリーライドトレーニングの実施により、基礎となる滑走能力と、苦手な部分を指導することにより、個々のレベルアップをはかる。

■この時期、フリーライディングにより、体軸の移動によって働く板の動きと、エッジに頼らずに面で捉える滑りを心掛けての滑走能力を身につける。

 指導コーチ : 1日 髙橋 邦彦 / スタッフ2

 参加者 :1日 11名 


(事業の成果及び今後の課題)

雪上トレーニングとしては最後の事業になりましたが、今回はフリーライディングによるトレーニングをしました。

課題として、ハードブーツに頼りすぎてエッジへの角づけが強くなってしまう選手が多いのですが、シーズン初めから伝えている『面で捉えて滑る』を意識しながら滑りました。また、体軸の移動によって板の走りの変化や、左右対象に回転弧を描く滑りをトレーニングすることによって、参加選手たちもゲートトレーニングでは難しい部分を補えたと思います。

今後はオフトレーニングによる、フィジカルトレーニングやバランストレーニングも開催していきたいと思います。

今回、秋田八幡平スキー場様の御協力もあり、素晴らしいコンディションの中で開催出来、大変お世話になりました。
来年度も宜しくお願いいたします。


記 載 者

秋田県スキー連盟 スノーボード部 部長 髙橋 邦彦







【 2017年4月1日~2日開催 スノーボード部会主題 レーシングキャンプ(後期)開催報告 】

(内容)

■ゲートトレーニングの実施により、基礎となる滑走能力と、苦手な部分を指導することにより、個々のレベルアップをはかる。

■この時期、やっと慣れてきたマテリアルと滑りにより、バーン状況、ゲート位置を把握し、対応できる滑走能力を身につける。

 指導コーチ : 1日 髙橋 邦彦 / スタッフ6
           2日 髙橋 邦彦 / スタッフ6

 参加者 : 1日 16名 / 2日 17名


(事業の成果及び今後の課題)

今シーズン序盤は雪不足に悩まされましたが、後半になり徐々にバーン状態が良くなった。

トレーニング初日は片斜のきついユートピアコースにて、午前中GS38旗門/午後SL40旗門を実施。

2日目は国体コース下部にて開催。このコース、シーズン中は大会等でほとんど埋まっており、トレーニングすることが難しいコースですが、午前中GS35旗門/午後SL35旗門を実施することができました。参加者にとっては前日に引き続き、急斜面の攻略が難しかったかもしれませんが、非常に良いトレーニングができたと思いますし、来年度に繋がる経験になったのではないかと思いました。

前期開催に続き、たざわ湖スキー場様の御協力によりゲートトレーニングができるバーンを提供していただき、とても良いコンディションで2日間行う事ができた事に大変感謝いたします。

スノーボード部としてジュニア育成の部分では、現在アルペンのみの開催しかできておりませんが、今後県内のスキー場様のご協力が伴えば、将来クロスやフリースタイルも徐々に開催できるよう努力したいと思っております。


記 載 者

秋田県スキー連盟 スノーボード部 部長 髙橋 邦彦






ルール


〒010-0974 秋田県秋田市八橋運動公園1番5号  秋田県スポーツ科学センター内
TEL.018-893-6832 FAX.018-893-6834 E-mail skiakita@ninus.ocn.ne.jp

Copyrightc SAA.All rights reserved.